Copyright tsukishiro shobou
◆Poetry はじまりの森    目の内側をやさしくつらぬいて夜は明け 鏡はわたしたちをうつすかわりに 見たことのない王国を広げたのだった まばたきを繰り返すその度に 硝子体に乱立してゆく樹木 網膜にはじけとぶ松の実 わたしたちの眼球はさみさみと露草に濡れている ほら 目を瞑って まぶたの裏に映る景色は黒?それとも白? ここまできたの初めてだよね 行ったら帰って来られないところまで来ちゃったね 隣で笑いながらささやくのは 誰だろう あらゆる方向の重力にそそのかされるので わたしたちは自分たちの引力を作り出すため お互いの両手をしっかり繋いでぐるぐるまわった それから目がくるめいて螺旋を描きながら 湖に落ちたのはあなただったのかわたしだったのか 夜が明けたのはついさっきだったのに 耳のなかでは湖が揺れて もうこんなにも闇が深い 湖のなかは気持ちいいね 裏側まで濡れた目だまをわたしたちは互いに入れ替える わたしの右目あなたの右目わたしの左目あなたの左目 なんて素敵な遊びなんだろう 目を開けると水晶体がぱりんと音を立てて 月が割れ夜が割れあなたが割れ世界はこなごなで 欠片でざりざりする湖にうつぶせになって浮かんでいる あれはわたしかもしれない だけど そんなに脆いわけないでしょう? 鏡の中に飛び散ったふたりを拾い集め わたしたち嘘の記憶を植え合ってやっぱり 両手をしっかり繋いでぐるぐるまわって ね、それから どこに行くんだろう ね わたしたちのはじめての目まいは こんなふうにはじまった                       ~詩集『耳のなかの湖』より
創作活動:武雄市ポスター(詩作品) ディレクション:先崎哲進 TETUSIN DESIGN OFFICE http://www.tetusin.com/ 写真:大塚紘雅 Photo office overhaul http://www.overhaul.jp/